www.doctorpanya.com

考えもせずに思いがけず遭遇してしまうのが乗用車の事故です。ここでどんな作業した内容で、自動車の保険金の額も相当大きく差が出ることもあるので間違えない判断力と行動力が求められます。予期せぬ出来事でパニックになってしまったならば必要な状況を見失ってしまい、その先己がかなり大きな損をしてしまう場合もありますので自動車事故をした時には冷静に以下に記述した処理をしましょう。自動車の事故をしてしまった時に一番にしなければいけないのが重軽傷者の有無を確認する必要があります。自動車事故後はパニックになってぼうぜん自失となってしまうことがありなかなか対応できないのが通常です。だから、負傷した人がいたならば危なくない場所に移動してから応急な手当をし周囲に助けを求めるなど救助の優先に努めることが大事です。119番に連絡する時は明確な事故があった場所を告げて、分かりにくい場合は近くの目立つデパートや交差点名を告げて事故が起こった地点が判断できるようにします。その後に110番に電話して自動車の事故を起こしてしまった事そして簡単に状況を告げます。救急車と警察が来るのを待つ間に負傷者の身元をチェックします。姓名、住所、TEL番ナンバープレートの番号、事故の相手側の自動車保険の会社名と言った自分だけでなく相手の内容をやり取りします。特に相手方に過失が存在する場合はその場所で解決しようとすることがよくありますがその場所で処理するのではなくどういった状況だったにせよ警察や保険の会社に報告してきちんと判断してもらう事が必要です。関係者の情報を交換したら他の車の妨害になるのを避けるために妨げとなる物路上から除去します。もしも障害となった物が誰かの自動車の妨げになっている時は、自分と相手の情報交換をする前にこの対応を行ってしまっても問題はないです。そしてあなたが入っている保険会社に電話をして車の事故があった旨を報告します。交通事故から特定時間内で保険会社に電話しておかないと、自動車での事故の保険の適用外となるケースも考えられるのでできるだけ速やかに電話をすることが重要です。証拠になるように、デジタルカメラやスマホ等を使って事故現場やマイカーの壊れた箇所が分かる写真をを残しておきます。この写真は責任の割合決めるかなり大きな糸口となりますので、あなたの愛車や先方の車の破損状態を正確に写真に残しておくことが重要です。この状況で第三者がいれば警察や保険会社が辿り着くまで一緒に待ってもらうようにお願いするのも忘れないようにしてください。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.doctorpanya.com All Rights Reserved.